捻挫 | 新江古田駅の新江古田豊玉鍼灸院整骨院

捻挫

捻挫ではスポーツや転倒などによって通常の関節運動より大きな稼働が強制され、靭帯を損傷してしまった状態です。
靭帯が一部裂けてしまった状態で、軽い物を捻挫(Ⅰ度)半分ほど裂けた状態を部分断裂(Ⅱ度)、完全に切り離されたものを完全断裂(Ⅲ度)と表現したりします。
関節はある程度は無理な動きにも耐えることができますが、パズルのかみ合わせと同じように少しでもハマりが悪い状態まで動かされてしまうと炎症、痛みが起こります。
上の様な状態で少し捻っただけと放置してしまうと、痛みはないのに違和感が残ることが多くなります。
捻挫も受傷直後の最初の処置が重要になります。
早期のアイシングや固定などを行うことで、腫れも引きやすく、治りがとても早くなります。
靭帯は一度損傷すると100%には戻らないと言われています。
これをいかに100%に0.1%でも近づけるようしっかりと処置していきます。
当院では、スポーツや日常生活に早く復帰できるように症状、状態に合わせてリハビリを開始していきます。
痛み、違和感などお悩みの方も是非一度ご相談下さい。

メール